日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本の紹介 大沢編
2017-11-07 (火) | 編集 |
oosakoori.jpg

氷の森/大沢在昌
「新宿鮫」の原点となる鮮やかなハードボイルドミステリー!(裏書)
もうこれだけで新宿鮫ファンと、大沢在昌ファンには見逃せません。

るる
さっちゃんのおすすめ 南編
2017-11-04 (土) | 編集 |
osoreminami.jpg

恐山:死者のいる場所/南直哉
日本一有名な霊場は、生者が死者を想うという、人類普遍の感情によって支えられてきた。
イタコの前で身も世もなく泣き崩れる人々、息子の死の理由を問い続ける父。
死者への想いを預かり、魂のゆくえを決める場所、それが恐山なのだ。
無常を生きる人々へ、「恐山の禅僧」が弔いの意義を問う。
ビブリオ合戦10 チャンプ本発表
2017-11-01 (水) | 編集 |
第10回ブッククラブ知的書評合戦 チャンプ本の発表のお時間でございます。

20171023100815.jpg

「いっせ~の!」で、読みたい本を指さしたその先は。。。

最高齢プロフェッショナルの教え
saikoureipro.jpg

接戦の末、さっちゃんが。。。さっちゃんが。。。悲願のチャンプとなりました。
おっほほほ。うぇ~い。てへぺろ。な瞬間を味わう事ができました。

これまで10回のビブリオバトルに参加してくださった皆様には感謝感謝でいっぱいです。
はじめての本にたくさん出会う事ができました。
美味しいお料理に舌鼓をうちながら、素敵な人たちに囲まれてるのっていいなと思いながら、本の話を聞くのは本当にいい時間でした。
ありがとうございました
ビブリオ合戦10 minori編
2017-10-31 (火) | 編集 |
arakikishiberohan.jpg

岸辺露伴 ルーヴルへ行く/荒木 飛呂彦
荒木飛呂彦×ルーヴル美術館
“世界一黒い絵"を追って、露伴、美の殿堂へ。
ルーヴル美術館バンド・デシネプロジェクト作品として描かれた荒木飛呂彦初のフルカラーコミック123ページ。
ビブリオ合戦10 つぶあん編
2017-10-30 (月) | 編集 |
zurari.jpg

ずらり 料理上手の台所 その2
クウネルの本『ずらり 料理上手の台所』の第2弾。
2007年に発売された第1弾から3年半。
今回登場しているのは、19組もの料理上手たち。
使い勝手を 考え、工夫を凝らした台所には、それぞれの暮らしの哲学が詰まっています。
そのひとつひとつを間取り付きで紹介しています。