日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本の紹介 東野編
2017-12-07 (木) | 編集 |
higashinonamiya.jpg
東野圭吾・ナミヤ雑貨店の軌跡

東野圭吾の頭の中は一体どうなっているのでしょうか?
こうも違った物語ができるとは一体どういう頭の構造なのでしょうか?
ちょっと話が違いますが私の好きな映画のカテゴリーは、ちょっと変わったタイムトラベル物です。
そのジャンルを本で読むのは実は初めてです。
そしてこう来ましたか!とうれしい驚きもあります。
東野圭吾ファンに是非お勧めです。

るる
本の紹介 笹本編
2017-12-01 (金) | 編集 |
sasamotorouei.jpg
笹本稜平・漏洩

素行調査官シリーズ第3弾です。
益々快調です。
メインキャラクターの監察チーム3人がそれぞれ味があってよろしい。
読むほどに味わいがあるという感じです。
それにしてもヒロインとはどうなるのかなあ、なんて考えるのは私だけでしょうか?

るる
本の紹介 福井編
2017-11-28 (火) | 編集 |
6steinfukui.jpg
福井晴敏・6スティン

初めて読む福井晴敏の短編小説です。
と言っても中でちょっとつながっているのですが。
これ本当に日本の話なのでしょうか?
もしかしたら本当にあったことなのかもしれません、もしそうならこんなに怖いことはありません。
でも、もしこれが福井晴敏の創作であれば、これかなりの線いっていますよ。

るる
本の紹介 坂木編
2017-11-22 (水) | 編集 |
wagashisakaki.jpg

坂木司/和菓子のアンソロジー
「和菓子のアン」の続編ともいえる本篇は10人の作家からなる短編集です。
もちろん題材はすべて和菓子です。
日本の和菓子にはとっても素敵な名前がついています。
その由来を解き明かしていくのも楽しみの一つです。
あー。
それにしてもたっぷりあんこが食べたくなってしまいました。

るる
本の紹介 佐藤編
2017-11-19 (日) | 編集 |
madasatouikiteiru.jpg

佐藤愛子/まだ生きている 我が老後6
「ものすごいタイトル」と手に取ってしまった本でした。
そしてこれは我が老後シリーズの6ということでした。
いきなり6から読んでしまったのですが、やっぱり佐藤愛子はすごい。
この本は82歳の時に書いた本のようですが、佐藤愛子健在!です。
ブッククラブにこのシリーズ他にないのかなあ?
明日本棚をチェックです。

るる