本のご紹介 金子編

金子稚子
金子哲雄の妻の生き方


この妻だからこそ金子哲雄が「僕の死にかた」が出来たのではないかと思わせる人です。

本書は妻の立場から解き明かします。夫の希望に従って、夫を自宅で看取った体験から記した追記、●在宅で死ぬこととは ●死の恐怖にどう立ち向かうべきか ●死にゆく人にできること、などについての記述は、読む人の心を打つとともに、他に類のないリアルなアドバイスとして、参考になるはずです。(アマゾンの紹介から)
(同じくブッククラブメンバーのつぶあん様からご寄付を頂いた本です。有難うございました)


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/983-223bcfe1
Use trackback on this entry.