日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 前川編
2015-01-10 (土) | 編集 |
前川 健一
いくたびか、アジアの町を通りすぎ


去年は縁があってアジアの旅を2回ほどしてきました。ベトナムとマレーシアはどちらもエネルギッシュな国で、今回この本を読みながら、それらの行った国の匂いや喧騒、そして人々のポジティブなエネルギーが蘇ってきたほどでした。特に著者が書いた「東南アジアの日常茶飯」を以前読んだことがあるので(ブッククラブに在庫あり)、食べ物が出てくるくだりでは生唾がごっくんと出てくるほどでした。この本を読み終わった時、来年はどこへ行こうかな?と考えている自分がいるほどです。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: