日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
るるのおすすめ 小川編
2014-12-31 (水) | 編集 |
小川 洋子
あつあつを召し上がれ


白いご飯の上に、煮込んだぶたばらと熱い葛あん。色を添える程度に小松菜がのっている。とにかく目の前の食べ物と早く一緒になりたいようなもどかしい気持ちで、何度も何度も白いレンゲを口に運ぶ。ご飯粒にはしっかりとした弾力があり、何か独特な香辛料の効いたあんが絡まっていて、唯一無二の味になっていた。ご飯にあんをかけただけだって、もう十分ご馳走なのに、メインのぶたばらといったら。。。。。。(本文より)もうたまりません!
全編こんな感じです。さすが「食堂かたつむり」でイタリアの文学賞であるバンカレッラ賞料理部門賞を受賞した作家の本です。

パースで日本語の本との毎日をお届けしたい「趣味の貸本屋・ブッククラブ」 

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: