日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 小川編
2014-11-07 (金) | 編集 |
小川 洋子
偶然の祝福


「どこかの街角で書店を見つけると、素通りできません。自分の愛する小説たちがちゃんと並んでいるか、丁寧な扱いを受けているか、確かめないではいられないのです。」(本文より)
なんだか私みたいな人がいるなあ、なんて思いながら面白く読みました。ちょっと変わった本です。でも探している道は必ず見つかるよ、きっと。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: