本のご紹介 柴田編

柴田よしき
ふたたびの虹


「もうこれ以上知りたくない」、と思ってしまいました。普段本を読んでいると次に何が起こるのか、どんな展開になるのか、ページを繰るごとにますます気になるという感じを受けます。でもふたたびの虹は全くその反対。物語は気になるのですが、知りたくないという矛盾した感情に襲われます。結局いつもの常で「どうなるんだろうか」とおしまいまで読んでしまいますが、できることならば。。。。。そこから先は読んだ方がいいのか読まない方がいいのか、この本を手に取った方、是非知らせてください。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/851-14649f55
Use trackback on this entry.