日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 柴田編
2014-10-17 (金) | 編集 |
柴田よしき
ふたたびの虹


「もうこれ以上知りたくない」、と思ってしまいました。普段本を読んでいると次に何が起こるのか、どんな展開になるのか、ページを繰るごとにますます気になるという感じを受けます。でもふたたびの虹は全くその反対。物語は気になるのですが、知りたくないという矛盾した感情に襲われます。結局いつもの常で「どうなるんだろうか」とおしまいまで読んでしまいますが、できることならば。。。。。そこから先は読んだ方がいいのか読まない方がいいのか、この本を手に取った方、是非知らせてください。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: