日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのおすすめ 木皿編
2014-09-05 (金) | 編集 |
木皿泉・昨夜のカレー、明日のパン
「この作家の本はじめて読んだ」と思ったら、人気脚本家がはじめて綴ったという連作長編小説だった。

「だってほら、ボク、自然科学の人だから。子供の時から、天体の写真見て育ってきてるから、死んだら星になるって言う人のこと、子供心にバカだなぁと思っていてね」っていう文とかにやられて、最初3分の1くらいはしくしくやりながら読んだ。
ちょっとてきぱきした川上弘美に三谷幸喜がトッピングの雰囲気。
夜中12時ちょっと前に読み終わって、すぐに心地良い気分で眠りへ。
読んでみてね。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: