本のご紹介 井上編

井上荒野
しかたのない水


初めて読む作家の本です。同作家の「グラジオラスの耳」の解説で江国香織が「人をぞくりとさせる、周到にして予定不調和、、、」というくだりには同作品も全く同感。ちょっと不思議な物語の世界です。自分が自分の色ではない色に囲まれているような不思議さです。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/808-ad989556
Use trackback on this entry.