日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 井上編
2014-08-22 (金) | 編集 |
井上荒野
しかたのない水


初めて読む作家の本です。同作家の「グラジオラスの耳」の解説で江国香織が「人をぞくりとさせる、周到にして予定不調和、、、」というくだりには同作品も全く同感。ちょっと不思議な物語の世界です。自分が自分の色ではない色に囲まれているような不思議さです。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: