日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本と私 るる編26
2012-08-03 (金) | 編集 |
そんなシドニー生活を送っていましたが夫の仕事の都合で2005年パースに引っ越してきました。
そして、お互いの娘を通じてさちこさんと知り合うようになり、今では二人の趣味である貸し本屋ブッククラブを主催しています。
さちこさんとはブッククラブオープン前に色んな話し合いをし、今はどんな本を購入するか、どんな風にしてお客様に来て頂けるかなど話は尽きません。
先日は念願の読書会開催の説明兼お食事会を催すことが出来ました。
また最近では、購入した本と皆様から寄付をして頂いた本が増え、本を置く場所に頭を悩ませているほどです。日本語の本好きの皆様のお役に立ちたいと始めたブッククラブですが、一番楽しんでいるのは私達なのかもしれません。

沢山の友人の皆様の心温かい応援のおかげでブッククラブはオープンに漕ぎつけましたし、今でも沢山の方々から引き続き本の寄付を頂いております。心からお礼申し上げます。

最後に忘れてはいけない人達がいます。我が夫とさちこさんのご主人。日本人妻の私達をよく理解してくれ協力を惜しまない素敵な旦那様達です。心から感謝しています。

26回の長きにわたって本と私を読んでくれた皆様、どうもありがとうございました。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: