日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 三津田編
2014-06-10 (火) | 編集 |
三津田 富左子
50歳からの満足生活


「老人向きには細かい縞、水玉、花柄、なんて誰が決めたのか。上品な落ち着いた柄が一般的とされているようだが、そんな一定の枠にはめられる事はごめんだ。ババくさい地味な服を着たのでは百歳に見えてしまう。私が好きなものを着ているのを見て、「個性的でいいですね」だの、「なかなかお似合いですね」と言ってくれる人だっているのだ。身にまとうものによって、気分がひどく違ってくる、だから好きな服を着て、楽しい気分でいるのが良いと思う。誰の物でもない自分の一生。自分の物差しで気ままにいきたいというのが私の信条だ。(本文よりーーーこれを書いている作者は88歳です)
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: