日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 城山編
2014-05-26 (月) | 編集 |
本当に生きた日
城山 三郎


「正月七日には七草粥を、十五日には小豆粥をたく。五月五日には菖蒲湯を立てる。彼岸にはおはぎを作る。そんな風に一年を大事に送って、冬至にはゆず湯を立て、かぼちゃを煮る。古風かもしれないけど、芸術的ともいえる。それが日本のしっとりした家庭だと思う」(文中より)
日本の美しい四季と、連綿と続いてきた風習。いいですねえ。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: