日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 海堂編
2014-05-21 (水) | 編集 |
海堂 尊
ナイチンゲールの沈黙(上下)


なんだかだんだんと主人公田口先生がいいなあ、と思うようになります。おっとりしているけれども、ぼんやりしていない。鋭いわけではないけれども本質を見抜くと言う先生。でも田口先生の本が2冊目となるとだんだんとわかってくることもあります。愛が根底にあるんじゃないかなあと。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: