本のご紹介 浅田編

浅田 次郎
勝負の極意


私はこうして作家になった。苦節20年。どうしても小説家になりたかった男は卓越した商才と博才を駆使し、ついに悲願を成就した。「二足のわらじ」を履きながら小説を書き続け、競馬で飯を食ってきたのはなぜか?それは生活の糧を得られなければ、小説に専念できず、当然デビューなど果たせないからである。痛快人生必勝エッセイ。(本の裏書より)

こういう過程があって、私の大好きな蒼穹の昴が生まれたのですか。興味深いものです。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/706-f62353cb
Use trackback on this entry.