本のご紹介 新田編

新田 次郎
つぶやき岩の秘密


さちこさんが日本へ里帰りをするのにリクエストした本です。最近ブッククラブの読書会で藤原ていの「流れる星は生きている」を読みました。その後「旅路」をシンガポールで購入した事もあり、藤原ていの夫新田次郎の本をどうしても読みたくなったと言う経緯がありました。

新田次郎 1912年長野県生まれ、1980年心筋梗塞で急死。1956年「強力伝」で直木賞を受賞。1974年「武田信玄」で吉川英治文学賞を受賞。実際の出来事を下書きに、我欲、偏執等人間の本質を深く掘り下げたドラマチックな作風で時代を超えて読み次がれている。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/704-29e69a16
Use trackback on this entry.