日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
るるのおすすめ 大崎編
2014-02-25 (火) | 編集 |
大崎 梢
配達あかずきん


こういうミステリーがありましたか。本屋さんの店員二人がミステリーを解決すると言う8編の短編からなるお話ですが、どれもこれもさすが本屋さん、と言う感じです。私達も本好きがこうじて「趣味の貸本屋ブッククラブ」を始めたのですが、いつかはミステリーを解決するようになるのでしょうか。あはは。個人的には二つ目の短編が特に好きです。50代になっても胸きゅんがあるなんて嬉しいなあ。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: