本のご紹介 逢坂編

逢坂剛
しのびよる月


逢坂剛と言えばかなり硬派な本を書くと思っていましたが、こう言うものも書くんですねえ、と思いました。
刑事物語でありながら、ユーモアがあり、ウィットに富んでいて、そしてコメディータッチ。それと言うのもすべては物語りの主人公二人のなせる業。疲れた時に笑いながら読める楽しい本でもあります。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/656-eb669a2c
Use trackback on this entry.