本のご紹介 浅田編

浅田次郎
初等ヤクザの犯罪学教室


感動系の本(蒼穹の昴など)、癒し系の本(鉄道員など)、そして私が勝手に命名したみどりの季節の本(青春前の子供が主人公の物語)など、沢山の浅田次郎の本を読んできたつもりですが、これは初めてのジャンルです。疑似体験的コメディーと言うのでしょうか、なんと言うのでしょうか。ちょっと軽めのタッチですが、内容はぎっしりと詰まっています。浅田式犯罪学の大教室へようこそ。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/635-14aff4ba
Use trackback on this entry.