第5回読書会 あずき編

ジョイラッククラブ/エイミー・タン

まず最初にいろいろな人物が登場するので、誰が誰なのか少し混乱してしまいました。
そして若い中国人の2世の女性の立場になってストーリーが展開するかと思いきや、今度は親の立場になってストーリーが展開し始めます。
アメリカ人として生きる人達、出てきてしまった中国に対する懐かしい想い、また中国に残された親戚へのプライド、ふと気が付けば自分にも当てはまる話です。
自分の子供がどういうアイデンティティを感じて生きているのか、そういう感覚のギャップを目の前にさらされたように思いました。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/594-8f680c40
Use trackback on this entry.