日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 川渕編
2013-12-01 (日) | 編集 |
川渕桂一
ぼくが医者になるなんて


作家の経歴がふるっています。1959年群馬県生まれ。パチプロ、数社の会社勤務、一年間の引きこもりを経て30歳で医師を目指す。37歳で京都大学医学部卒業。大学病院で研修医として勤務し、その経験を基に、「研修医純情物語り 先生と呼ばないで」でデビュー。ベストセラーとなる。現在フリーの内科医として働くかたわら執筆、講演活動に取り組む。
面白おかしく書いてあるけれども、ものすごいことです。元気が出てくる本でもあります。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: