るるのおすすめ 八木沢編

八木沢里志
森崎書店の日々


神田古本まつりは10月下旬から、1週間に渡って開催された。期間中、古本の詰まったワゴンや書棚が、フリーマーケットのように通りにいっぱい出現した。おまつりは、驚くほどに盛況だった。老若男女問わず、大勢の本を愛する人達が街にやってきた。年に一度の催しということもあるのだろうが、それは私の想像をはるかに超えた賑わいようだった。靖国通りやさくら通りは人が作り出す熱気に包まれ、いつもはセピア色の古書店街が昼前から活気に満ちた。(本文より)
次の里帰りは是非神田古本まつりに時期を合わせたいと思っています。今から既にわくわくです。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/550-5c805d42
Use trackback on this entry.