日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
るるのおすすめ 重松編
2013-10-05 (土) | 編集 |
重松 清
きみの友だち


それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」の本当の意味をさがす連作長編(裏書より)重松清の書く物語、小学生の男の子を主人公にした話を私は勝手に「みどりの季節」と呼んでいますが、今回は女の子と男の子が入り混じっています。でもあえて言えば読んでいる貴方がかつての自分を見つけられる本でもあるかもしれません。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: