日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 雫井編
2013-09-25 (水) | 編集 |
雫井俊介
虚貌(上下)


「心の動きは普通顔に出るものです。しかし、故意に出さないことも容易に出来る。表情とは違うことを考えていると言うことは、むしろこの世の中では当たり前のようになされているわけです。心とは切り離されたところに顔は存在している。いや、心が独立して存在していると言ったほうがいいでしょう。物ごとを把握し、考え、選択すると言うような、その人間の人生を動かしていくのは全て人間の内面にある心です」
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: