日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 道尾編
2013-08-14 (水) | 編集 |
道尾秀介
龍神の雨


昨今は小説の映像化が盛んで、はじめからそれを見越した作品が書かれることも多いが、道夫さんはテレビや雑誌のインタビューでいつも「自分は小説でしか出来ないことをやり続ける」と発言している。「それを続ける人間がいなくなったら、これほど映像メディアが進化した現代において、小説はいつか無用の長物になってしまう」と。
(解説、橋本満輝)

映像化、電子ブックが進んでも、紙の小説はなくなってほしくないですよね。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: