パースブッククラブ 

日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 

本のご紹介 道尾編

道尾秀介
龍神の雨


昨今は小説の映像化が盛んで、はじめからそれを見越した作品が書かれることも多いが、道夫さんはテレビや雑誌のインタビューでいつも「自分は小説でしか出来ないことをやり続ける」と発言している。「それを続ける人間がいなくなったら、これほど映像メディアが進化した現代において、小説はいつか無用の長物になってしまう」と。
(解説、橋本満輝)

映像化、電子ブックが進んでも、紙の小説はなくなってほしくないですよね。
[ 2013/08/14 01:39 ] 本の紹介 | TB(0) | CM(0)
Post a comment












Only the blog author may view the comment.
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL

Profile

Author:パースブッククラブ
メルアドが新しくなりました
お問い合わせはこちら↓までbookclub6014@gmail.com

オープン:土曜の朝9時-昼12時
他曜日は予約オープンします
お気軽にご連絡ください

詳細はCategoryのご案内をごらんください

本リストはブログ左下のブクログにあります

Latest comments
フリーエリア