本のご紹介 宮部編

宮部みゆき
誰か


最近宮部みゆきと言うと割と時代物ばかりを読んでいましたが、この本は現代物です。
「ここにある見事な書架の列と、大量の本のおかげだろう。本はいつでも、私と私の知らない世界とをつなぐ、親切な仲介役だった。彼女が本好きでなかったなら、どれほど彼女に心惹かれても、私は結婚に踏み切ることは出来なかったろう(文中より)

本の中に出ていた一節です。本好きの人が読んだら「わかるー!」とにやついてしまうのではないでしょうか。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/498-16cbdf06
Use trackback on this entry.