第4回読書会 つぶあん編

M8 高嶋哲夫

宮城で3.11の震災を経験したので、様々な光景が重なってしまい
映像が目に浮かぶようでした。

本の中ではまず最初に東海地震が起きてますが、その際浜岡原発のことに触れていないのは、著者が原子力研究員で原子力学術賞を受賞している経歴からか.....などと考えてしまいました。

数年以内に東京直下型地震と、富士山噴火の可能性が高いとも言われているので、3.11から2年経過して気持ちが緩んできている日本人には改めて防災意識を高めるためにいい本なのかな。

こういった災害に対して政府が経済優先で動いたことは3.11後の政府の対応で明らかになったし、たとえ予知できていたとしても国民に知らせることの難しさがとても良く分かりました。




この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/492-5f92bf44
Use trackback on this entry.