日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 東野編
2013-07-29 (月) | 編集 |
東野圭吾
同級生


今更ながらに東野圭吾はすごいなあ、と思った1冊です。次から次によく全く違った発想で物語を作り出していると感心するほどです。初めて東野圭吾の本を読んだのは「秘密」だったのですが、ものすごいフィクションで世の中がひっくり返るかと思ったほどですが、物語の展開に目が離せなくなったものでした。今回のこの同級生も同じように目が離せなくてあっという間に読み終えてしまったほどです。よく考えてみると話が面白いだけでなく、作中の人物がとても魅力的だから目が離せなくなるのかもしれません。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: