本のご紹介 東野編

東野圭吾
同級生


今更ながらに東野圭吾はすごいなあ、と思った1冊です。次から次によく全く違った発想で物語を作り出していると感心するほどです。初めて東野圭吾の本を読んだのは「秘密」だったのですが、ものすごいフィクションで世の中がひっくり返るかと思ったほどですが、物語の展開に目が離せなくなったものでした。今回のこの同級生も同じように目が離せなくてあっという間に読み終えてしまったほどです。よく考えてみると話が面白いだけでなく、作中の人物がとても魅力的だから目が離せなくなるのかもしれません。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/481-5b24c434
Use trackback on this entry.