本のご紹介 宮部編

宮部みゆき
堪忍箱


江戸の市井の人々の日常の暮らしの中の、ささやかな夢や希望、せつせつたる思いや呟きや吐息が作者の手にかかると珠玉の輝きをはなつ。平凡な日常の中で生きる名のない人達の一瞬の心の闇、輝き、悲しみ、やるせなさ、いじらしさが活写されている。(金子成人、解説より)
宮部みゆきの時代小説8編をお楽しみください。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/473-6e55a935
Use trackback on this entry.