本のご紹介 山本編

だいこん
山本一力

江戸の町の賑わいが、人々の活気が聞こえてきそうな物語です。
主人公のつばきがこれまたいきのいい江戸っ子なんですよ。
つばきに限らず物語の中に出てくる人々の言葉づかいもとても面白い。
商売人、職人、渡世人、みんなそれぞれの立場と性格にもぴったり。
本を読んでいて感じたことはこれほど作中の人物描写が抜きん出ていた本を今まで読んだことがないくらいで、つばきがすぐ横にいて息づいている様に感じるほどでした。ブッククラブに新しく仲間入りした山本一力の本。この機会に是非江戸の風を感じてください。山本一力の他の本もブッククラブにあります。
蒼龍・あかね空・背負い富士・いすゞ鳴る


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/454-d316da72
Use trackback on this entry.