るるのおすすめ 浅田編

浅田次郎
蒼穹の昴 1・2・3・4

人間の力を持ってしても変えられぬ宿命など、あってたまるものか、時代を吹き荒れる嵐、渦巻く権力への野望、憂国の熱き思いはついに臨界点を超えた。(文中より)

私の大好きな歴史的事実と渦巻く人間模様。
プラハ、ベルリン、ウィーン(春江一也)、スペイン(五木寛之)、ドイツ(箒木蓬生)と来て、やっとアジアの中国(浅田次郎)に来ました。
4巻もあるので眠れぬ日が続くこと請け合いです。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/407-00384ad0
Use trackback on this entry.