さっちゃんのおすすめ 小野編

こんにちは、さっちゃんです。
ブッククラブにある本の中から、おすすめをご紹介いたします。

初回は、小野不由美月の影 影の海

表紙の絵がものすごく好みだったので手にした本です。
読み始めると、あっという間にこの世界に引き込まれます。
人が「迷う」という点では、ドストエフスキーの「罪と罰」と似た雰囲気があるのがいいんです。

十二国記シリーズとして、現時点で12巻出版されているのですが、物語は完結していません。
それでも、次の巻の出版を気長に待つ価値ありのシリーズです。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/4-0a90c67f
Use trackback on this entry.