本のご紹介 池井戸編

作者の池井戸潤は、慶應義塾大学文学部、法学部法律学科卒。1988年三菱銀行に入行。
こういう人が書いた銀行の物語です。
暴露本という種類ではありませんが、お金というのは人を狂わせてしまうくらい魅力的なものなのかと思ってしまうほどです。
お金はあるに越したことはないけれども、こんなにしてまでと思ってしまいます。
それにしても億というお金が目の前にあると人間はこうもなれるものなのか。
私はせいぜいロットを買って喜ぶにとどめておきたいと思いました。
池井戸潤
仇敵


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/398-7ce11dbc
Use trackback on this entry.