日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本の中のあれこれ 葉室編
2013-03-29 (金) | 編集 |
いのちなりけり
葉室麟(はむろりん)


人は生きて何ほどのことが出来るか、わずかなことしかできはしない。
山に苗を一本植え、田の一枚も作るぐらいのことかもしれない。
しかし、そのわずかなことをしっかりとやることが大事なのです。
人はなぜ死に、つぎつぎに生まれてくるのか。
一人がわずかなことをやりとげ、さらに次の1人がそれを積み重ねていく。
こうして、人は山をも動かしてく。
人はおのれの天命に従う限り、永遠に生きるのです。
そう思えば死は恐れることにたらず、生も又然りです。(文中より)
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: