大晦日 2012年

忙しく過ごしている間にあっという間に大晦日になってしまいました。

今年はどんな本を読んだかな?と振り返れば、それはもう沢山の本を読みました。

疲れて気持ちの切り替えが必要だった時に読んだ坂木司の和菓子のアンは月並みな言い方だけど良かったし、はじめて手にした大沢在昌の北の狩人のまっすぐな主人公に恋しそうになったし、岡田尊司のあなたの中の異常心理を読んでは「ふんふん」と納得顔してみたり。

数えあげたら限がないのだけれど、本にはお世話になりっぱなしです。
ブッククラブの棚に出す前に1冊づつきれいにして、心をこめてカバーをかけて「皆に読んでもらうんだよ」と声をかけるのだけれど、今日はそんな本達にあらためて言いたいです。

本、ありがとう。
いつもそこにいてくれて。
来年もよろしくね。

世界の本好きな皆様、良いお年をお迎えください


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/339-c691947e
Use trackback on this entry.