るるのおすすめ 東野編

数ある東野圭吾の本の中で私にとって一番好きな本は「秘密」でした。
ここで既に過去形になっているのにお気づきでしょうか?
実は「秘密」を上回る面白い本に出会ってしまったのです。と言ってもここで言う面白いと言うのは正真正銘の面白いと言うことなのです。
こういうひねりはさすが関西出身!!
東野圭吾
怪笑小説、毒笑小説、黒笑小説、矮笑小説


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/332-8bf9dee0
Use trackback on this entry.