日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
子供と本 9
2013-01-26 (土) | 編集 |
ある日通っている地元のプレイグループの友達にディズニーの絵本や映画は子供に良くない、と言われました。
継母がでてきて冷たく当たったり、森に捨てられたり、毒が出てきたり、最後には白馬に乗った王子様が現れて幸せにしてくれる、というのが全く現代にあわないし、小さい頃からそんなものばかりを詰め込まれた子供は「ある日王子様が現れて幸せにしてくれる」と勘違いしてしまう、というのが友人の主張でした。
私はなんとなく「一理あるかな?」と思ったものです。
そこで子供の本棚とビデオの棚を見てみると、確かにディスニー系のものも多数ありました。
これはもう少し注意をして色んなジャンルのものを購入しようかなと思ったくらいです。
ところが別の知人には「本は子供に良くない」と言う人もいました。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: