日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本の中のあれこれ 伊坂編
2012-11-05 (月) | 編集 |
伊坂幸太郎
砂漠

19、20歳といった年頃というのは、実はとても危なっかしい時期である。
中学、高校時代のような、思春期だから、という不機嫌なままでいることを許されていた時期は過ぎた。
けれど、だからといって急に毎日機嫌よくなれるわけではない。子供ではいられないし、かといって大人にもなりきれてはいない。(解説)

自分の学生時代を思い出してしまう一冊です。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: