本の中のあれこれ 伊坂編

伊坂幸太郎
砂漠

19、20歳といった年頃というのは、実はとても危なっかしい時期である。
中学、高校時代のような、思春期だから、という不機嫌なままでいることを許されていた時期は過ぎた。
けれど、だからといって急に毎日機嫌よくなれるわけではない。子供ではいられないし、かといって大人にもなりきれてはいない。(解説)

自分の学生時代を思い出してしまう一冊です。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/265-60d7b6a5
Use trackback on this entry.