日本語貸し本屋 2

趣味の貸本屋の誕生

そんな時、日本語の本の貸し本屋さんがあればいいなあと思ったのです。
古本屋にしてしまうと本の調達が難しいけれど、貸し本屋ならば1冊の本で何人もの人が楽しめるなんて素敵!と思い、「やってみる?」「いいよ~!」とさっちゃんとるるは、ブッククラブをはじめることになりました。

ブッククラブは、気軽に多くの方にご利用頂き、その収益で新たに在庫を増やす事にしています。

つづく


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/24-beac6a30
Use trackback on this entry.