日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
るるのおすすめ 天童編
2012-09-05 (水) | 編集 |
天童荒太
永遠の仔(1・2・3・4・5)

久坂優希・看護婦、長瀬笙一郎・弁護士、有沢梁平・刑事。3人の物語です。
本を読んでいる時はこれでもかというくらい落ち込みます。
でも、その先には光が見えるかもしれない、と人は歩いていくのかもしれません。

「どうか誰にも代わることが出来ない「あなた」を大切になさってください。
あなたが大事に思っている人のことを、見守ってあげてください。
気にかけて、出来れば俺がいるよ、私がいるよ、と声をかけてあげてください。
もちろんあなた自身にも、時々は「よくやっているよ」と、声をかけてあげてほしいと思います。
あなた自身のためにはもちろん、あなたを待っている誰かの為に、又あなたを待っている人生のためにも、生き続けてゆかれることを、心より祈っています。」(天童荒太)
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: