本の中のあれこれ 重松編

定年ゴジラ
重松清

重松清は大好きな作家の一人です。
私は、勝手に小学生の子供達が出てくる物語を「みどりの季節」と呼んでいました。それは青春の少し前の時代の物語です。
今回は、タイトルのごとくおじさんの話です。
それも定年を迎えるという「黄昏色」のおじさんたちの話です。
「ニッポンを支えてきたオヤジたち」のはなしでもあります。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/223-257ce25d
Use trackback on this entry.