さっちゃんのおすすめ 和田編

今日の本は、和田竜のぼうの城です。

時代物小説としては深みがないとか、ペラペラな脚本みたいとか、人物描写が乏しい等など、辛辣な批評が多いこの本ですが、本を読む時間をゆっくりとる事が難しい時など、こういった軽い時代物は逆に有り難い存在だと思います。

ページを戻って「え~と、これは誰だったっけ?」という事も全くなかったし、人物名などの漢字の正しい読み方はわからないままに最後まで読んじゃったという事もなかったし、気楽に時代物小説をかじりたい時におすすめです。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/22-81e0fda2
Use trackback on this entry.