日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのおすすめ 森編
2011-12-01 (木) | 編集 |
ちょっと疲れ気味なのか、本にハッピーエンドを期待しています。
「どうかどうかハッピーエンド、プリーズ」と祈りながら、読み進めていくのです。

森 絵都カラフルは、良かった。

「天使&ちょっとどこかで間違っちゃった人間」の組み合わせで、ある程度お決まりのステップを踏んでいくわけですが、ところどころにひねりのある文章のおかげで、最後までがっかりせずに読み終わり、ホッとする様な満足感がありました。

この著者の違う本も読んでみたいな。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: