さっちゃんのおすすめ 森編

ちょっと疲れ気味なのか、本にハッピーエンドを期待しています。
「どうかどうかハッピーエンド、プリーズ」と祈りながら、読み進めていくのです。

森 絵都カラフルは、良かった。

「天使&ちょっとどこかで間違っちゃった人間」の組み合わせで、ある程度お決まりのステップを踏んでいくわけですが、ところどころにひねりのある文章のおかげで、最後までがっかりせずに読み終わり、ホッとする様な満足感がありました。

この著者の違う本も読んでみたいな。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/21-7dc16439
Use trackback on this entry.