本のご紹介 湊&湯本編

湊かなえ少女湯本香樹実夏の庭
どちらも「死体」そして「若者」が共通しているテーマです。

夏の庭は、読んだ後、気持ちがふんわりと暖かくなりました。

少女は、高校2年生、17歳の二人の少女の夏休みを書く長編ミステリー。
この年頃というのは思ったことがなかなか言えなかったり、言いたいことが整理できなかったりするんですよね。
でも「死んでいく人を見たい」と成り行きで始めた病院と老人ホームのボランティア。
二人の行動力には感服です。
自分が17歳だった頃の心を思い出しながら感傷に浸りました。

是非、読み比べして頂きたい2冊です。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/170-b5e2ccb8
Use trackback on this entry.