日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 湊&湯本編
2012-07-10 (火) | 編集 |
湊かなえ少女湯本香樹実夏の庭
どちらも「死体」そして「若者」が共通しているテーマです。

夏の庭は、読んだ後、気持ちがふんわりと暖かくなりました。

少女は、高校2年生、17歳の二人の少女の夏休みを書く長編ミステリー。
この年頃というのは思ったことがなかなか言えなかったり、言いたいことが整理できなかったりするんですよね。
でも「死んでいく人を見たい」と成り行きで始めた病院と老人ホームのボランティア。
二人の行動力には感服です。
自分が17歳だった頃の心を思い出しながら感傷に浸りました。

是非、読み比べして頂きたい2冊です。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: