本のご紹介 桐野編

桐野夏生柔らかな頬を読みました。
どんな書き方をしてあっても小さな子供がいなくなる話は悲しいです。
ただ、登場人物の心境の描写や物語の運びが上手であったので、最後まで本を置くことなく読み終えました。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/158-f9b648a8
Use trackback on this entry.