日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
本のご紹介 桐野編
2012-06-16 (土) | 編集 |
桐野夏生柔らかな頬を読みました。
どんな書き方をしてあっても小さな子供がいなくなる話は悲しいです。
ただ、登場人物の心境の描写や物語の運びが上手であったので、最後まで本を置くことなく読み終えました。
Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: