本の中のあれこれ 藤原編

同じ作家が書いた本に面白い共通点があるのを発見しました。

藤原伊織
ひまわりの祝祭/蚊トンボ白鬚の冒険(上下)

本の内容は全く違うのですが、「頭の中で何かが起きている、或いは聞こえる」というのが今回見つけた共通点です。
初めて読む作家でしたがスピード感もあり、現実と非現実が入り混じり最後はどの様に終わるのか想像もつかない本でした。


この記事に対するComments:

この記事に対するPost a comment



Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/153-1601827a
Use trackback on this entry.