日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのあれこれ ブルック編
2017-05-09 (火) | 編集 |
レズリー・ブルックが描いた三匹のこぶたがすっごい存在感です。
kinnogacyopig.jpg

ぬけ作やらきんきらこっていう翻訳がまたすっごいです。
何十年も前に翻訳された本を読むと語彙が広がります。

kinnogacyoles.jpg
金のがちょうのほん‐4つのむかしばなし/レズリー・ブルック
「三びきのくま」「三びきのこぶた」「金のがちょう」「親ゆびトム」というイギリスの昔話に、ブルックがこれ以上ないと思わせるほど事な絵をつけています。
1904年生まれの古典。
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: