本のご紹介 三崎編

ニセモノの妻・三崎亜紀
nisemonotsumamisaki.jpg

妻。。それはいちばん近くて、いちばん不可解なアナザーワールド。
「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」
ある日、六年間連れ添った妻はこう告白し、ホンモノ捜しの奇妙な日々が始まる……。
真贋に揺れる夫婦の不確かな愛情を描く表題作ほか、無人の巨大マンションで、坂ブームに揺れる町で、非日常に巻き込まれた四組の夫婦物語。
奇想の町を描く実力派作家が到達した、愛おしき新境地。


Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/1389-aa6de63f
Use trackback on this entry.