本のご紹介 西編

ふくわらい・西加奈子
fukunishikanako.jpg

マルキ・ド・サドをもじって名づけられた、書籍編集者の鳴木戸定。
彼女は幼い頃、紀行作家の父に連れられていった旅先で、誰もが目を覆うような特異な体験をした。
その時から、定は、世間と自分を隔てる壁を強く意識するようになる。
日常を機械的に送る定だったが、ある日、心の奥底にしまいこんでいた、自分でも忘れていたはずの思いに気づいてしまう。
その瞬間、彼女の心の壁は崩れ去り、熱い思いが止めどなく溢れ出すのだった。


Trackbacks

Trackbacks URL
http://olivien.blog.fc2.com/tb.php/1388-b6e4580e
Use trackback on this entry.