日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
さっちゃんのあれこれ ごんぎつね編
2017-01-07 (土) | 編集 |
ごんぎつね・新見南吉
gongon.jpg

小学校の教科書にでてきた物語の中で、読んだ時の気持ちをよく覚えているのは「スーホの白い馬」「くまの子ウーフ」「チックとタック」そしてこの「ごんぎつね」。
スーホの白い馬は、権力の不公平さに頭にきて、すらすら感想文を書けた。
くまの子ウーフは、「ウーフってバカなのか?」と子供ながらにイライラした。
チックとタックは、「わさびから~い!」の場面の絵がツボにはまって、そのページばかり見ていた。
そして、このごんぎつねはただただ空回りする展開がもう悲しかった。。。
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: