日本語活字中毒の皆々様 ようこそ趣味の貸し本屋へ 
ビブリオ合戦6 つぶあん編
2016-09-30 (金) | 編集 |
kanponakajima.jpg
漢方小説・中島たい子

【第28回すばる文学賞受賞作】
川波みのり、31歳、脚本家、独身。
胃がひっくり返ったようになるのに、眠れないのに、病院に行って検査をすると『特に異状なし』。
あのつらさは何? 
昔の男が結婚したショックのせい? 
それとも仕事のストレス? 
最終的にたどりついた東洋医学で、生薬の香りに包まれながら、みのりが得たものは。
心と体、そして人間関係のバランスを、軽妙なテンポで書き綴る。仕事も、恋愛も、なんとなく疲れちゃった…。
大丈夫!そんなときの処方箋。

Comments:
この記事へのComments:
Comments:を投稿
URL:
Comments:
Edit password:
Private comment: 管理者にだけ表示を許可
 
Trackbacks:
この記事のTrackbacks URL
この記事へのTrackbacks: